おいしい水道水

どうも、果汁1%未満です

 

今日は「日本が売られる」(堤末果著)

を読んで、売られていく日本の水の話を

少ししてみようと思います

 

日本の水がペットボトルに詰められて

海外へ輸出されまくってます

 

的な話ではなく

 

水と安全はタダなどと言われて、

いつでもどこでも蛇口をひねれば

綺麗な水が出てきて飲める日本の水道

が売られる法整備が整いつつあるという話

 

皆さんが何も気にせず使用している水道

 

日本の普及率は97.9%!

 

逆にまだ水道が普及していない地域が

あるんかい、という感じですよね

 

蛇口をひねれば綺麗な水が出てきて飲める

そんな環境をあたりまえと思っている

日本ですが

 

世界を見てみると水道水が飲める国は

世界でたった196ヶ国中15か国!

 

・日本

・アラブ首長国連邦

・ドイツ

・オーストリア

・アイルランド

・スウェーデン(ストックホルムのみ

・アイスランド

・フィンランド

・ニュージーランド

・オーストラリア(シドニーのみ

・クロアチア

・スロベニア

・南アフリカ

・モザンビーク

・ソレト

 

そんな世界でも恵まれた水大国日本の水道

 

水道は憲法第25条の生存権で守られた

何よりも尊い「命のインフラ」

ともされています

 

その水道が今、民営化の波にのまれ

海外に売られようとしている、らしい

(´-`).。oO(シランカッタ)

 

民営化されるとどうなるのか?

 

”民間企業のノウハウを生かし、

 効率の良い運営と安価な水道料金を!”

 

というスローガンのもと数年~数十年まえに

水道民営化を行った

ボリビア

オーストラリア

イギリス

フランス

などでは民間企業による

料金改定により元よりも料金が

35%~400%に高騰しているという

 

ボリビアでは

民間企業ですから採算の取れない地域の

水道管工事は行われず、高額な水道料金が

払えなくなるともちろん水道は止められ

井戸水を掘れば水源が同じだから

井戸使用料を請求されるなどの事態も発生

 

こんなのはもう嫌だ!

と再公営化しても後の祭り

企業から莫大な損害賠償を請求され、

その何十億、何百億という損害請求の負担が

住民へとのしかかるという事態に

 

世界はもう”民営化はこりごり”という中

 

我が国の副総理は国際交渉の場で

「日本の水道を民営化しま~す」

などと宣い

これから民営化をスタートさせるのだとか・・・

 

どうもこんな感じで本気らしい

 

2018年5月

企業に公共水道の運営権を持たせるPFI法

を促進する法案を可決

 ・企業に運営権を売った自治体の借金の利息を

  最大限おまけ

 ・厚生省の許可がなくても料金改定OK

 

2018年7月:水道法改正案が可決

 ・水道料金に関して「公正妥当な料金」から

  「健全な経営のための公正な料金」

  で企業が料金設定OK

 

このときニュースでは某教団の教祖と

その仲間の死刑が執行され

ニュースでは一切報道がなかったようだ

/(ToT)\ナンテコッタイ

 

この本が書かれたのが2018年

 

2020年現在ではすでに民営化された

水道を持つ自治体が存在し

これから民営化予定の自治体も多いという

 

 日本の水源を外国企業に売り飛ばそうと

してる奴は誰なんだコノヤロー

我が自治体は大丈夫なんだろうか

と思った方は

 

「日本が売られる」(堤末果著)

 

を読んでみてはいかがだろうか

 

水ネタ以外にもなかなか考えさせられる

売られネタが多いことに驚愕