Raspberry Pi 4 Model B:初期設定

どうも、果汁1%程度です

 

ラズパイを動かしてみようシリーズ

 

f:id:kajyu-1per:20200315113841p:plain

 

amazonで購入した

Raspberry Pi 4 Model B Starter Kit

 

 

無事OSがインストールできたので 

初期設定しようとおもいます

 

こんな感じですね

 

?

 

マウスとキーボードの設定

 まず、マウスとキーボードを無線にしました

 

最初にやることではなさげですが

有線がうっとおしかったので

つけてみたら動いた、という感じです

特に無線だからという設定はないです

 

購入したのはこちら

ロジクール マウス キーボード セット 無線 MK240n ワイヤレスコンボ ブラック MK240nBC

選んだ理由は

  • 安い
  • 無線
  • さっとどかせる

それだけです

 

あまり何も考えずに購入したのですが

幸運にもラズパイに付属のドングルを

取り付けただけでキーボード、マウス

ともに認識され、問題なく動作しました

 

ただ、これは無線に限らないようですが

マウスの動きが悪いですね

動きがカクツキます

これは修正可能なようです

 

画面左上からターミナルを開いて

f:id:kajyu-1per:20200324223154p:plain

 

テキストエディタで/boot/cmdline.txtを編集します

sudo nano /boot/cmdline.txt

f:id:kajyu-1per:20200324223658p:plain

 

一番最後に追加します

usbhid.mousepoll=0

f:id:kajyu-1per:20200324223924p:plain

 

書き込みます

Ctrl+O → return

(O:ゼロではなくオーです

 

終了します

Ctrl+X

 

リブートさせましょう

sudo reboot

f:id:kajyu-1per:20200324224747p:plain

 

自分の環境ではマウスのカクツキが

なくなりました 、快適です

 

Wi-Fiの設定

初回の起動時にスキップしたので設定します

 

ターミナルを立ち上げて未設定を確認します

 

iwconfig wlan0

f:id:kajyu-1per:20200325080909p:plain

 

設定していきましょう

 

 


sudo raspi-config

f:id:kajyu-1per:20200328205645p:plain

 

「 2 Network Options」を選択します

f:id:kajyu-1per:20200325211140p:plain

 

接続するWi-FiルータのSSIDを入力します

f:id:kajyu-1per:20200325211241p:plain


Wi-Fiルータのパスワードを入力します

f:id:kajyu-1per:20200325211349p:plain

 

<Finish>で終了です

f:id:kajyu-1per:20200325211140p:plain

 

再度 iwconfig wlan0を実行してみます

こんな感じになればWi-Fiで接続されています

f:id:kajyu-1per:20200325212510p:plain

 

ブラウザを立ち上げて確認してみましょう

f:id:kajyu-1per:20200325212750p:plain

 

googleへ移動

f:id:kajyu-1per:20200325213432p:plain

無事表示されました


OSのアップデート

最新のパッケージにアップデートしておきましょう

 

パッケージリストを更新します

sudo apt update 

f:id:kajyu-1per:20200325220345p:plain

 

パッケージを更新します

少し時間がかかります


sudo apt dist-upgrade -y

f:id:kajyu-1per:20200325220619p:plain


不要なファイルを削除します

sudo apt-get autoremove -y
sudo apt-get autoclean

f:id:kajyu-1per:20200325220727p:plain

 

リブートして完了です

sudo reboot


スクリーンショットの設定

これはブログ用の画像キャプチャの

備忘録です、飛ばしてもOK

 

スクリーンショットコマンドscrotの

ショートカットを作成したいと思います

 

キーの割り当てはこんな感じにしました

Alt+Print:現在のフォーカスウィンドウ

Ctrl+Print:マウスで矩形選択 即開始

Shift+Print:マウスで矩形選択 5秒後開始

 

ショートカットの登録は

下記ファイルに登録します

 /etc/xdg/openbox/lxde-pi-rc.xml

 

編集します

sudo nano /etc/xdg/openbox/lxde-pi-rc.xml

 

Printの下に追加しました

f:id:kajyu-1per:20200328204557p:plain

コピペ用


<keybind key="A-Print">
    <action name="Execute">
        <command>scrot -u</command>
    </action>
</keybind>
<keybind key="C-Print">
    <action name="Execute">
        <command>scrot -s</command>
    </action>
</keybind>
<keybind key="S-Print">
    <action name="Execute">
        <command>scrot -s -d 5</command>
    </action>
</keybind>


日本語入力の設定

mozcをインストール

 

sudo app-get install fcitx-mozc

 f:id:kajyu-1per:20200328202000p:plain

 

途中で「Y」の入力を求められるので入力

f:id:kajyu-1per:20200328202331p:plain

 

インストールが終わったらrebootします

f:id:kajyu-1per:20200328202510p:plain

 

日本語の切り替えは半角/全角漢字キーです

日本語入力を確認してみましょう

f:id:kajyu-1per:20200328202819p:plain

 

?

 

VisualStudioCodeのインストール

これがとりあえず最後です

エディタが使いにくいので

VisualStudioCodeをインストールします

 

インストール方法はこちらにありました

Visual Studio Code for Chromebooks and Raspberry Pi

 

sudo -s

を実行してから

. <( wget -O - https://code.headmelted.com/installers/apt.sh )

を実行するようです

 

f:id:kajyu-1per:20200328203438p:plain

 

完了したら exit を入力

f:id:kajyu-1per:20200328203645p:plain

 

起動してみましょう

code-oss

f:id:kajyu-1per:20200328203747p:plain

 

無事起動しました

f:id:kajyu-1per:20200328203845p:plain

 

インストールしたバージョン

f:id:kajyu-1per:20200328204940p:plain

 

以上で初期設定は終了です

 

 

次はせっかく初期状態まで環境を整えたので

バックアップを取っておきたいと思います